Japanese Academy of Sensory Integration

  感覚統合療法入門講習会
 基礎コースのご案内
  
トップページ     会員専用サイトLogin     Contact Us     
   
 受講生の感想を掲載させて頂きます。


 私は、この講習会に参加して、感覚統合の基本について、学ぶことができたとともに、今までよりも広い視野で、感覚統合を知るきっかけになったことをとてもうれしく思っています。講義の中の「感覚統合は、子供たちが、育ってきた姿」という言葉が印象に残っています。本来は、感覚遊具を使って、セッションという形で行っていくのではなく、豊かな自然や、人との関わりの中で、汗水たらして、体を動かし、納得いくまで遊び、楽しい体験を積み重ねていくことなのだろうと思いました。そしてそのような環境を、散歩の途中で見つけたり、お手伝い活動の中に、少しがんばるところを入れてあげたり、プールや、サッカーなどのクラブ活動に参加させたりするなど、本人が楽しみながらがんばれる場面をたくさん提供することが大事なのだろうと感じました。そして、感覚統合を通して培った力が、遊びから、趣味へ、趣味から仕事へ人生の中で一貫して、自分を生かしていくことを知り、見通しと可能性をもって子供と関わっていきたいと思いました。今回学ばせていただいたことを基にして、楽しんで実践を続けていけたらと思っています。

 2001年 基礎コース受講
    呉本庄つくし園 馬場聡美


 感覚統合療法入門講習会(基礎コース)は、初めて感覚統合療法について学ぶ方を対象としたコースで、発達障害児に携わるすべての方々に、感覚統合療法とはどのようなものなのかを知って頂き、ご家庭での生活や施設・学校での医療・保育・教育活動等に感覚統合の考えを生かして頂くことを目的としています。
 内容は、感覚統合の概要に関する講義を2日間の日程で行います。日本感覚統合学会主催の基礎コースは、全国(東北、関東、九州など)で年4回程度、開催されます。 

 (入門講習会日程表はここをクリック)

参加条件:


@発達障害児の医療、療育、教育、福祉等の業務に従事している方。
A保護者・ご家族の方


開催予定:
 感覚統合学会主催による基礎コースは、年4回程度、全国(東北、関東、九州等)で開催される予定です。

受講者の達成目標:
@ 感覚統合の概要について理解することができる。
A 子どもの行動について感覚統合の視点で理解することができる。
B 感覚統合の評価及び介入方法についてその概要を理解することができる。

内容: 感覚統合療法の基本的概要について以下のような内容を講義します。
@ 感覚統合及び感覚統合障害について
A 感覚統合の視点から見た子どもたちの行動理解
B 感覚統合の視点(評価)と実践

基礎コースの流れの一例
:開催会場・講師によって若干異なることがあります。


● 1日目

9:30〜12:00 講義T 感覚統合とは 
13:00〜16:30 講義U 感覚統合からみた子どもの行動理解

● 2日目

 9:30〜12:00 講義V 感覚統合の視点(評価)
 13:00〜16:30 講義W 感覚統合を療育/生活に生かす