Japanese Academy of Sensory Integration

  感覚統合療法講習会のご案内

 トップページ     会員専用サイトLogin     Contact Us     


 日本感覚統合学会では、感覚統合療法を学びたい様々な方を対象とした講習会を企画運営しています。
 初めての方は、まず入門講習会「基礎コース」を受講されることをお勧めいたします。

 各講習会の開催日程、場所等は、各講習会名をクリックすると表示されます。


入門講習会

    講習会日程
 とりあえず感覚統合のことを知りたい、概要を把握したい方向けの講習会です。ご家庭での日常生活や療育施設・養護学校での保育・教育活動に感覚統合の考えを生かすことができるようになることを目標にしています。
基礎コース
(2〜3日間)

詳細へ
 感覚統合に関する講習会の入り口です。感覚統合障害とはなにか?、お子さんの行動の理解法などについて感覚統合の全体像を学ぶことができます。ハンディをお持ちのお子さまのご家族方の参加も可能です。
体験コース
(2日間)

詳細へ
 入門講習会体験コースは、基礎コースで学んだことをもとに、療育のなかでどのように活用していくのかを、実際の遊具実習を通して体験的に学ぶことができるコースです。感覚統合遊具の体験や遊びの分析演習、遊びプラン作成などの実習を2日間の日程で行います。日本感覚統合学会主催の体験コースは、概ね年2回、開催予定です。(本コースは入門講習会基礎コース修了者向けです)
実践コース
(2〜3日間)

詳細へ
 基礎コースで学んだことをもとに、実際の療育のなかでどのように活用していくのかを、実際の現場で実践的に学ぶことができるコースです。受講生に、講習会協力施設のお子さんを担当して頂き、行動観察評価、遊びプランの作成・実施を実際に行って頂きます。知的障害児コースと肢体不自由児コースがあります。(本コースは入門講習会基礎コース修了者向けです)


認定講習会  認定講習会は、感覚統合療法を実践する上で必要な基礎知識、対象の理解とその評価法、治療的介入の方法を習得することを目的としています。

 A〜Cコースの講習会は、各段階を踏み,順次受講する必要があります.Aコース修了時にカードが発行され、各コース修了時には担当講師によりそのカード にコメントが記入され、各コース修了の認定を証明していきます.治療コースまで修了しレポート審査を通過しますと、研究会から「認定証」が発行される仕組 みになっています.

 学会会員を対象とした講習会です。

A(基礎・評価)
コース
(9日間)

詳細へ
 人間の発達や神経系の機能と構造など感覚統合療法の基礎となる部分と感覚統合療法で用いられる検査・観察技術を習得する部分からなります。毎年1回、通常、夏に行われます。
B(解釈)コース
(9日間)
 Aコースで学んだ検査・観察結果の解釈を中心に行うものです。受講生が現場で担当している子どもの検査結果を持ち寄り、グループに分かれて検討していきます。(Aコース終了者が対象です)
C(治療)コース
(9日間)
 実際に子どもの評価と治療を行います。(Bコース終了者が対象です)

アドバンス講習会

   
 認定講習会受講終了者を対象に行う講習会です。現在、自閉症に対する感覚統合療法をより一層深めるためのコースを企画運営しています。
             詳細へ

講習会に関する問い合わせ先は、学会連絡用メールアドレス一覧(ここをクリック!)をご参照ください。

トップページ