The Japanese Academy of Sensory Integration








    日本感覚統合学会 公式ホームページ

 感覚統合療法は、発達障害児のリハビリテーション、療育実践として、主に医療現場(作業療法)で発展してきました。この療法では、子どもの学習、行動、情緒あるいは社会的発達を脳における感覚間の統合という視点で分析し、治療的介入を行います。対象となる障害は、LD(学習障害)や自閉症などの発達障害が中心ですが、その理論と実践法の原理は、精神障害や高齢者のケア実践にも応用されてきています。
 日本感覚統合学会は学際的(医療・福祉・教育)な学術団体です。

 2004年11月、日本感覚統合障害研究会は、日本感覚統合学会
 (The Japanese Academy of Sensory Integration)へ名称を変更しました。
  

入門講習会基礎コース
インターネット申込窓口

(こくちーずPROへリンク)


★申込みを受付中です


   入門講習会のスケジュール・募集要項へ

 
      

   会員専用サイト
 ログイン 

 【 入会手続き 】

日本感覚統合学会への入会を希望される方は、下の入会申込みフォームで申請をお願い致します。
  
  新会員管理システムについて

 会員のみなさんの各個人情報について、インターネットを用いた会員管理システムです。住所・勤務先の変更など登録状況の変更手続きを行うことができます。       
     
 


法人化移行
へのお知らせ

一般社団法人
日本感覚統合学会 定款




【 学会(研究大会)のご案内 】

第38回研究大会の
ホームページが出来ました
(令和3年10月9日、10日開催)





学会について知りたい
学会連絡先一覧
学会の概要、年会費、入会方法

 役員一覧

 

感覚統合情報
 
お勧めの本
 

各種講習会のご案内

 研究会が行っている講習会システム

 入門講習会のスケジュール

入門講習会 基礎コースのご案内
入門講習会 体験コースのご案内
入門講習会 実践コースのご案内

認定講習会のご案内

アドバンス講習会のご案内

 JMAP講習会のご案内



見学・研修の窓口
 感覚統合療法に関する見学/研修窓口

感覚統合の検査
 日本版ミラー幼児発達スクリーニング検査
 JSI-R(日本感覚インベントリー)

トピック
 過去のトピック

検査/評価用紙のダウンロード
 入門講習会

関連リンク集

日本感覚統合学会 事務局】

〒732-0828 広島県広島市南区
 京橋町8-10 青木ビル202
  FAX 082-569-5162

学会問い合わせ用メールアドレスは
ここをクリック!


【セミナー等の情報】




発達障害支援
人材育成研修会2021
主催:日本発達障害ネットワーク
案内チラシはこらち



第38回日本感覚統合学会研究大会
       開催のお知らせ
 会期:令和3年10月9日(土)、10日(日)
 場所:オンライン開催

 大会長:椎野 広久
  (NPO法人こどもの発達研究室きりん 代表理事)
 事務局:NPO法人こどもの発達研究室きりん


   演題募集を開始しています

大会ホームページ
  ↓





新型コロナウイルス影響下での講習会等の対応案内

  基本方針
  チェックシート




会員情報 ログインしてご確認ください。
       
 ・2020年度決算、2021年度予算案
 ・2021年度社員総会議事録
 ・2021年度社員総会議案書

 
・2020年度監事意見書



感覚統合療法認定セラピスト
       第5回資格認定試験募集のお知らせ
 開催期日:令和4年2月5日(土)、6日(日)
 場 所:オンライン開催



令和3年度 感覚統合療法認定講習会
       受講者募集のお知らせ

 C(治療)コースのご案内
 ・オンライン実践コース 症例プレゼンテーション
  に関する具体的指針2021

 2020年度会費のお支払期限と退会について
  2020年度の会費が3月末の時点で未納の場合は、
  定款に従い退会といたします。
  お忘れになっている方もおられる事を考慮し、4月末
  まで猶予を持たしておりますので、お心当たりのある
  会員は、事務局までご連絡下さい。
   ●事務局 si-jimukyoku2019@clock.ocn.ne.jp


令和3年度 感覚統合療法認定講習会
       受講者募集のお知らせ

 感覚統合療法認定講習会の概要
 Aコース、Bコースのお知らせ  

 A(基礎・評価)コース 受講者募集要項
 募集を開始しています 4月15日(木)まで

 B(解釈)コース 受講者募集要項
 募集を開始しています 4月30日(金)まで
     

【開催日時】
●Aコース
基礎理論編:令和3年8月21日(土),22日(日),28日(土),29日(日)(オンライン開催)
検査習得編:令和3年9月23日(木),24日(金),25日(土),26日(日)(地域開催)
      令和3年10月2日(土)(オンライン開催)

●Bコース
前半の「解釈過程講義編」(4日間)
 オンライン講義 : 8月21日(土)・22日(日)・28日(土)・29日(日)
後半の「症例検討編」  (5日間)
 ケース検討(3日間):対面での講習
  前半2グループ:9月3日(金)・4日(土)・5日(日)
  後半2グループ:9月18日(土)・19日(日)・20日(祝月)
 オンライン講義(2日間): 両グループともに9月24日(土)・25日(日)

詳細は上の受講者募集要項をご覧ください。


FD研修企画の募集案内
  ※本学会では「学会の事業を担う人員のための研修会」と
  「地域規模の研修会や勉強会」を含めたFD研修会として、
  その開催を支援することになりました。
 申請受付期間:随時募集
  募集要項
  申請書類



感覚統合療法認定セラピスト
       第4回資格認定試験募集のお知らせ
 開催期日:令和3年3月の土・日
          (詳細の日時は申請者に通知)
 場 所:オンライン開催

 募集定員:4名
 申請締切日:令和2年12月14日(月)当日消印有効

  募集要項
  実施要項




「2020年度感覚統合療法認定セラピスト 第4回認定試験」 の延期
 例年の認定試験は、8月申請書及びレジュメ提出、12月認定試験となっておりますが、昨今のCOVID-19の影響を鑑み、3カ月ほど延期することに致しました。
 試験要項を8月上旬HPに掲載、11月下旬申請書およびレジュメ提出、3月認定試験の予定で計画しております。
 しかし、今後の流行の状況によっては、再度開催を検討することになることもあるかもしれません。ご理解の程よろしくお願い申し上げます。



 
新会員管理システムについて

新会員管理システムの新しいページ
           

       

入会手続き

日本感覚統合学会への入会を希望される方は、下の「入会申請」のページで入会申請を行ってください。
本学会にはどなたでも入会できますが、理事会にて承認が必要です。
承認されましたら、メールにて入会、年間費納入のお知らせが届きます。
入金の確認が出来ましたら、入会として登録します。

●「入会申請」のページ
       

入会登録までの手続き

「入会申請」
 ↓

「理事会にて承認」
 ↓
「登録されたアドレスに、メールにて入会、年間費納入のお知らせ」
 ↓
「入金の確認」
 ↓
「入会として登録」



 * 日本感覚統合学会一般社団法人設立の挨拶 *

  本学会は1981年(昭和56年)に日本感覚統合障害研究会
 として発足し、感覚統合障害に対する理解および評価・治療
 の向上を図るため、感覚統合理論および治療の研究を促進し、
 教育活動を行って参りました。

  近年、会員数の増加に伴う事務局業務の拡大や、社会的
 信用と公益性の確保のために、令和元年6月に任意団体から
 「一般社団法人」に移行いたしました。今後とも、本学会
 へのご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。



   講習会などの日程が前後して掲載されて
     
いますので、ご注意してください。

 2019年度 感覚統合療法認定講習会
        受講者の集合写真
        (令和元年8月:福島県)

 Bコース
     

 Aコース
    



 第37回日本感覚統合学会 研究大会 in 姫路
        終了いたしました


  

  

  



東日本大震災被災地支援特別委員会からのお知らせ

学会が被災地支援に取り組み、すでに数回遊びの支援に入っています。どの地域からどのような方法で関わったら良いのかなど試行錯誤もある中で、学会長の土田先生の人と人のつながりから福島県伊達市にその拠点を置き、子どもたちとその保護者を中心に支援してきました。まだまだ十分といえないまでも、被災地とのつながりは着々と進んできました。今後長期的な視野に立ち、継続的な支援をして行きたいと考えています。会員の皆様のご協力をお願いします。
 今回は、地元のスタッフの方が実施報告書として地元自治体へ提出するものを一部改変させていただき、掲載させて頂きました。

    被災地支援報告       活動の様子


        
今後の活動計画

 
今年度の福島子どものお遊び支援についてです。
 
 ~福島の活動の様子です~
  


日本版感覚統合検査開発委員会からのお願い

 日本版感覚統合検査は4歳~10歳までの発達障害児の感覚統合機能を評価する検査として2001年より開発に取り組んできました。
 これまでに、定型発達児のデータ収集が、目標の80%ほど終了し、現在、発達障害児データの収集、信頼性・妥当性を検討するためのデータ収集を開始し始めました。
 完成に向けてあと少し会員の皆さんのご協力が必要です。具体的には以下の2点です。
 ①4歳児、5歳児のデータ
 ②同一の検査を同一の対象者(定型発達児)に対し、一定期間(2  ~3週間以内)をおいて2回実施するtest-retest 法でのデータ  収集の協力

         詳細は、こちら

スィングのロープ、きちんと結んでいますか?の実践を一緒に学びませんか!
 感覚統合療法を実践されている施設では、よく天井からスィングを吊られていることが多いと思いますが、安全にロープを結んでいますか? ここをクリックしてください


SIの実践を一緒に学びませんか!
研修生/ボランティアの募集


 感覚統合を学びたい療育・教育関係者の研修を受け入れている機関/グループ一覧の掲載開始 ここをクリックしてください