slider-01
The Japanese Academy of Sensory Integration
slider-02
The Japanese Academy of Sensory Integration
slider-03
The Japanese Academy of Sensory Integration
previous arrow
next arrow

日本感覚統合学会について

感覚統合療法は、発達障害児のリハビリテーション、療育実践として、主に医療現場(作業療法)で発展してきました。この療法では、子どもの学習、行動、情緒あるいは社会的発達を脳における感覚間の統合という視点で分析し、治療的介入を行います。対象となる障害は、LD(学習障害)や自閉症などの発達障害が中心ですが、その理論と実践法の原理は、精神障害や高齢者のケア実践にも応用されてきています。日本感覚統合学会は学際的(医療・福祉・教育)な学術団体です。

2004年11月、日本感覚統合障害研究会は日本感覚統合学会(The Japanese Academy of Sensory Integration)へ名称を変更しました。

日本感覚統合学会への入会について

入会を希望される方は「入会申請」のページで入会申請を行ってください。本学会にはどなたでも入会できますが理事会にて承認が必要です。

会員専用ページ

会報その他会員の方が確認できる情報をお知らせしています。

感覚統合療法に関する見学・研修窓口

感覚統合を学びたい療育・教育関係者の研修を受け入れている機関、グループの一覧です。

感覚統合の検査

本学会が日本で開発、標準化してきた感覚統合に関する検査について説明いたします。

東日本大震災被災地支援特別委員会からのお知らせ

学会が被災地支援に取り組み、すでに数回遊びの支援に入っています。どの地域からどのような方法で関わったら良いのかなど試行錯誤もある中で、学会長の土田先生の人と人のつながりから福島県伊達市にその拠点を置き、子どもたちとその保護者を中心に支援してきました。まだまだ十分といえないまでも、被災地とのつながりは着々と進んできました。今後長期的な視野に立ち、継続的な支援をして行きたいと考えています。会員の皆様のご協力をお願いします。
今回は、地元のスタッフの方が実施報告書として地元自治体へ提出するものを一部改変させていただき、掲載させて頂きました。