Japanese Academy of Sensory Integration

  感覚統合療法
アドバンス講習会のご案内
  
トップページ     会員専用サイトLogin     Contact Us     
   

 アドバンスコースは、認定講習会を修了した方向けのコースで、 感覚統合療法をより専門的に学ぶためのコースです。現在は、自閉症児を対象としたコースが開催されています。

 このコースで、自閉症児を対象にした治療実習と受講生を中心にしたケ-ス検討&ディスカッション等、実践に近い内容で行います。マン・ツ−・マンでケ−スを治療し、講師の濃厚かつ直接的な指導を受けて、個々のセラピストの実力を向上することが研修の目的です(道具の出し入れや、力仕事、危険管理などのお手伝いのみアシスタントがつきます)。前半に3セッション行い、分析・治療方針を煮詰めた後、後半これらの結果を踏まえてさらに3セッションを行います。参加者全員でケ−スを共有しながら、少人数でのディスカッションを行います。 

募集内容

平成22年度 アドバンスコースの報告

アドバンスコースは、受講者4名という少人数で、前期3日・後期3日の合計6日間、セッションとディスカッション中心の密度の濃い研修会です。平成22年度は前期5月21日(金)〜23日(日)、後期7月2日(金)〜4日(日)に開催し、無事に終了いたしました。「NEW」となってから7回目、旧アドバンスコースからでは9回目のアドバンスコースでした。平成21年度のアドバンスコースは初の大阪開催でしたが、新型インフルエンザの影響により開催直前に、これまた初の開催中止となってしまいました。今回は、大阪でのリヘンジ開催でした。平成21年度の受講決定者の皆様には大変ご迷惑をお掛けいたしましたが、皆様再度お申し込みいただき、ありがたく思っております。北海道、関東、信州といろんな地域からご参加いただきました。
 まずは開催前から最初に行うプレゼンテーション準備、前期と後期の開催中は自分の行ったセッションをビデオを見て振り返りディスカッションする、前期と後期の間の1ヶ月半は後期に向けてのプレゼンテーション準備、後期が終わってからはレポート作成と、前期と後期の期間中だけでなく春から夏まで身体も頭もフル回転で、気力・体力ともにとてもハードなスケジュールでした。受講者皆様にとって、自己のセッションを見つめ直していくとても有意義で貴重な機会だったと思います。職場に戻られて子ども達に還元し、そして子ども達から学びさらに臨床力に磨きをかけて、各地域でのご活躍をお祈り申し上げます。

 幻となった平成21年度アドバンスコースの開催準備から平成22年度の後期終了まで、皆様の多大なご配慮やご協力、ご指導やご助言を頂いて開催できたと思っております。この場をお借りして御礼申し上げます。

                                 大阪市更生療育センター
                           嶋谷和之


   講師の小西先生・加藤先生、受講者、ケース及び運営アシスタントの方々です。



平成20年度 アドバンスコースの報告

 アドバンスコ−スが今年も終了しました。この研修は認定講習会の「自閉症コ−ス」とされ、4名の受講生で行う、密度の濃い研修会です。すでに「NEW」となってからは6回目を数え、旧アドバンスからでは8回目となります。毎年、ハ−ドさが全面にでていますが、普段の臨床では見過ごしてしまうような内容を細かく、丁寧に見直していく作業が求められるため、受講生のみなさまはヘトヘトのなって修了されるのが常となっています・・・と書くと「地獄のような研修」というイメ−ジをもたれると思うのですが、やさしい時代といわれる昨今、こんなのもひとつくらいいいんじゃないかなぁ、と思ったりしています。年数を重ねれば重ねるほどにいろいろな手かせ足かせがついてくるので私は「せめてセラピ-だけは自由に保障して欲しい」、と日々思いますので、それを磨く機会は本当に貴重な時間だと思います。
 さて、今回はNEWアドバンスの原点である半田市つくし学園の多大なご配慮とご協力をいただき開催の運びとなりました。受講生は九州、山陰、近畿、関東と地域も年齢、経験も異なる方々がお集まりになり、ご協力いただいたお子さんも受講生も全員、偶然にも女子!となり、とても華やかな研修会となりました。昨今、アドバンスならずとも話題になっている「臨床力」を研鑽した6日間だと実感しています。臨床力とは私の勝手な定義ではありますが「お子さんと一対一になった時にもっともセラピストが身に付けておかなけらばならないその子の力を引き出す力」だと思います。子どもはあそびで変わっていく、その大前提に臨床力を備えたセラピストの力が発達支援として必要です。我々が行う支援には発達支援の他に「生活支援」がありますが、手っ取り早い「生活支援」の効率をあげるのは確実な「発達支援」だと思いますし、それができてこそセラピストたるものの誇りだと思います。手を出しやすい「生活支援」が脚光を浴びている現状に背を向けて(そうでもないですが・・・)発達支援であるセラピ-へのこだわりをあきらめずにこの研修は継続できればと思います、何故なら子どもはあそぶことが大好きであって、勉強が嫌いだからです。子どもが当たりまえのことを当たり前にすることを支援する事こそ、ホントのSIだと思います。
 このHPをお借りして年末まで、小出しにして今回のアドバンスの様子をお知らせしていきたいと思いますのでよろしくお願いします。(2009年は大阪で開催予定です。写真右上端の嶋谷さんが幹事です!)

                    愛知県コロニ
-中央病院
                    OT小松則登(アドバンス係)